悪性腫瘍、在宅みとりについて


悪性腫瘍末期の症状と緩和医療

腫瘍の中でも、体の各所へ増殖し転移する悪性のものを、悪性腫瘍といいます。一般に、「がん」と呼ばれている病気です。


悪性腫瘍末期の患者さんの中には、からだ中に激しい痛みを伴う方もいらっしゃいます。そのような患者さんが、少しでも穏やかな毎日を送れるように、誠和クリニックでは、痛みや苦痛を取り除く「緩和医療」を、積極的に取り入れています。


緩和医療とは、生命を脅かす疾患に直面している患者さんだけでなく、そのご家族みなさんの生活の質を改善するための、医療的アプローチです。

苦しみや痛みを予防したり和らげたりすることで、患者さんの身体的問題だけでなく、ご家族みなさんの心理的社会的問題、スピリチュアルな問題を解決へと導きます。


在宅でみとる

在宅医療や、悪性腫瘍末期の患者さんへのケアは、患者さんの最期を家族がみとる、そのときまでが、医療の役割のひとつとも言われています。


誠和クリニックとともに、在宅医療を続けてこられた患者さんの中には、家族や親戚に見守られながら、まったく苦しまずに、眠るようにすうっと目を閉じて最期を迎えられた方もいらっしゃいました。

患者さんの穏やかな最期を、ご家族が在宅で「みとる」ことで、患者さんだけでなく、ご家族も、安らかな気持ちでいられるのです。

また、前日に在宅医療による診察を行った場合は、当クリニックで、死亡診断書を作成し、お渡しすることも可能です。


当クリニックは、柏市のみでなく、船橋市・印西市・白井市・鎌ヶ谷市・松戸市と、広範囲における在宅医療の患者さんの往診に対応しています。

そして、患者さんやそのご家族と、家族同然のお付き合いをしながら、在宅医療や在宅でのみとりを含めた、医療活動を続けています。

To name why not check over there a variety of website resources available for additional research