認知症とは

認知症とは、脳に何らかの障害が起こり、記憶力が悪くなったり、場所や時間の検討がつかなくなったり、物事を判断できなくなる症状をいいます。

主に高齢者におこる症状で、かつては、「痴呆」と呼ばれていました。


一般的に認知症は、アルツハイマーと同じ意味だと思われがちですが、実は認知症には、大きく分けて3つの種類があります。良く知られている『アルツハイマー型認知症』のほかに、『レビー小体型認知症』や『脳血管性認知症』といった認知症があるのです。


『レビー小体型認知症』は、原因不明の脳の変性で、認知症の症状が軽いうちに、抑うつ・幻視・妄想・パーキンソン症状などがおこります。この、『レビー小体型認知症』は日本で発見されたもので、『アルツハイマー型認知症』の次に多い認知症なのですが、多くの医療機関で見逃されがちでもあるのです。


認知症のサポート医として

誠和クリニックの医院長・白石一也は、内科、脳外科、神経科を専門としています。また、脳外科医としてのこれまでのキャリアに加え、『認知症のサポート医』の資格も持ち合わせています。


『認知症のサポート医』とは、地域医療に携わり、かつ、認知症の診療に習熟している医師が持つ資格です。認知症診断に関する相談や助言はもちろんのこと、地域にある認知症患者さんのための支援センターとの連携なども担っています。

また、認知症により判断能力が不十分になったときのための任意後見人制度における、認知症診断書の作成も可能です。これは、柏市内でも、わずかの医師しか持っていない資格になります。


当クリニックでは、認知症は治ることも多い病気であることを前提に、『アルツハイマー型認知症』や『レビー小体型認知症』など、各認知症に精通した医師が、的確な診断と症状に合った治療をおこないます。

Selecting software for students with learning disabilities an https://writemyessay4me.org/ instructional resource tuesday, september 1 4 5 p