在宅医療とは

在宅医療は、外来・入院につぐ、第三の医療とも呼ばれているものです。


通院が困難な症状の患者さんや、そのご家族が、ご自宅で療養をご希望される場合、さまざまな治療をご自宅で継続することになります。

その際には、医師や看護師などが、ご自宅を訪問して医療行為を行ったり、症状にあわせた的確なアドバイスを行うことが必要になります。これを、在宅医療といいます。

また高齢者の介護において、在宅療養生活を続ける際に、健康管理の方法などのアドバイスが必要な場合があります。このような医療活動も、在宅医療のうちのひとつです。


在宅医療では、患者さんのご家族が日常的にケアを続ける在宅療法と、医師などが訪問して行う専門的な医療を組み合わせることで、ご自宅にいながら、病院とほぼ同じような治療を受けることも可能なのです。

在宅医療支援診療所指定のクリニック

誠和クリニックは、在宅医療支援診療所に指定されているクリニックです。


在宅医療支援診療所とは、24時間体制で往診や訪問看護を実施する診療所のことで、自宅でのターミナルケア(終末期ケア)や慢性疾患の患者さんの療養などに対応している医療施設のことです。

当クリニックでは、在宅で療養されている患者さんを、24時間365日サポートすべく、電話を受けた医師や看護職員が、いつでも患者さんのご自宅へ伺います。

また、在宅医療の機動性をさらに生かすために、携帯型の小型のレントゲンなど、他のクリニックではあまり使われていない設備も導入しています。

高齢者に多い、肺炎や圧迫骨折などの病気を確認・発見するためには、レントゲン検査が欠かせません。

来院が困難で、在宅医療を続ける患者さんのご自宅へ、レントゲン技師が携帯型レントゲンを持って伺うことで、これらの病気の検査を、わずか15分から20分ほどで終了することができるのです。


在宅医療をご希望される場合は、まずはご家族に、当クリニックへお越しいただきます。そして、医師とご相談いただき、患者さんのケアを進めていくことになります。

Eastern time learning outcomes recognize examples of good and bad https://justdomyhomework.com/ educational software design